バケツの活用法

音痴の治し方のひとつに、バケツをかぶるという練習法があります。テレビでも紹介された有名な方法のひとつです。

自分の声を録音した時、普段発する声と録音した時の声は違っているように聞こえます。

通常、自分の声は、頭蓋骨を通して鼓膜を振動させ、聴神経に伝わります。音の振動として自分の耳に届くため、空気に触れて届く声とは違う聞こえ方をするのです。

バケツを頭からかぶり、バケツの中で声を出すと、自分の発した声が反響して自分の耳に届くため、実際に人に届く自分の声を自分自身で確認しながら歌うことができるのです。

つまり、自分の声や音程がどのような状態であるかを知るのに役立つということで、バケツを使う方法が注目されました。

自分の歌声、歌い方を知ることは音痴を克服するためにとても重要なことです。

バケツを使う、録音するなどの方法は、誰にも知られず1人で練習することができる方法でもあります。音程を外した箇所、リズムのとれていない箇所を繰り返し聞きながら練習を重ねていきましょう。

もし自分の歌を聞いてもらい、音程が外れている箇所やリズムのとれていない箇所を指摘してくれる人がいるのであれば、第三者に協力してもらうことも、恐れずにどんどんやってみてください。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴矯正法のいろいろ」に関する記事一覧

このページの先頭へ