カラオケへ行ってみよう

呼吸法、喉の使い方、音域の広げ方・・・。

いろいろな音痴矯正法を試しても、実際にカラオケへ行くとなるとやっぱり怖い、人の視線が気になる、声が震えて結局は思うように歌えなかった、という人も多いのではないでしょうか。

カラオケは、部屋でひとりで練習する時とは、気持ちも雰囲気も違います。

人前で歌うのであれば「緊張」という要素が入ってしまいますし、「歌を歌う」という雰囲気の場所に飲みこまれてしまうこともあります。まして、カラオケを苦手とする音痴の人であれば尚更のことです。

最初からカラオケに行く必要はありませんが、少し練習に慣れてきたら実際のカラオケに慣れるということも必要です。

緊張すれば声も出にくくなりますし、音域もせまくなりますし、滑舌も悪くなります。その場所の雰囲気に慣れてくれば、「緊張」という要素は次第になくなるでしょう。

音痴を理解してくれる友達と行くことで、練習の成果を聴いてもらったり指摘してもらうこともできますし、最近では1人でカラオケに行く人も珍しくはありません。

カラオケの場に慣れると共に、1つの曲を何回も繰り返し歌って練習すると良いでしょう。

恐れることなく、是非どんどんカラオケに出かけて行ってみてほしいものです。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴矯正法のいろいろ」に関する記事一覧

このページの先頭へ