ピアノ・オルガンの活用法

ピアノやオルガン、またはキーボードなど、正しい音が出る楽器を使った音痴克服方法です。

「感覚性音痴」の人のピアノ・オルガンの活用法

ピアノやオルガンを使った音痴矯正・克服法は、感覚性(感受性)音痴の方に適した方法とも言えます。
⇒ 感覚性(感受性)音痴とは?

感覚性音痴の人は、音程の理解や記憶に難しいところがあるので、まずは音を聴き取る力を高めていく必要があります。

とはいっても、やみくもに曲を聴いていけばよいわけではありません。

ピアノなどの正しい音程が順序よく出る楽器で、一つずつ音を確認しながら音程を聴き取る耳を育てる必要があるのです。そして、一音の音程の幅や半音の音程の幅を聴き取れる耳にしていきます。

少し時間はかかるかもしれませんが、感覚性音痴の人でも音痴を解消することは可能ですので、ぜひじっくり試してほしいと思います。

「運動性音痴」の人のピアノ・オルガンの活用法

ピアノやオルガンを使う方法は、運動性音痴の人にも役立ちます。
⇒ 運動性音痴とは?

感覚性音痴の人は、一音ずつ順番に音を確かめていくことから始めますが、運動性音痴の人は、2~3音上の音(もしくは下の音)を出してみて、その音への移動に喉がついてけるよう鍛えるために活用することができるのです。

運動性音痴は、基本的に喉の使い方に問題があるわけですから、早い音の移動や大きく飛ぶ音の移動に喉を慣れさせるため、ピアノやオルガン、キーボードを是非有効に活用してみてください。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴矯正法のいろいろ」に関する記事一覧

このページの先頭へ