歌がうまい人と音痴な人は何が違う?

カラオケに行ってみると、「歌が上手」と思う人もいれば、「自分の方が上手に歌えているかもしれない」と思える人もいるし、歌い方ひとつを取ってみても、実にいろんな人がいます。

そもそも歌の上手な人と音痴な人とでは、どんなところに違いがあるのでしょうか?

まず第一の大きな違いとして「音程の取り方」があげられます。

「歌がうまい=音程がしっかり取れている」と言ってもよい程ではないでしょうか。

音程がとれているとはどういうことかと言うと、ピアノで弾いた音やメロディに沿って、同じ音程で歌えているということです。微妙にずれていたとしても、カラオケのメロディーの音階と大きくずれていなければ上手に聞こえます。

次にあげられるのが「音域」です。

音域が狭いと、どうしても高音や低音で音程が外れて、音痴に聞こえてやすくなってしまいます。

「声量」も関係します。

音程は正確なのに、ボソボソと歌っていると、なぜか音痴に聞こえてしまいます。不思議ですよね。

他には、「滑舌」「リズム感」も影響します。

さらに、単なる「歌がうまい」ではなく、もう一段階上の「上手な人」の違う点は、何といっても「表現力」でしょう。歌詞からうかがえる感情の流れと、歌い方の強弱やリズム感、呼吸のタイミングがあっていると、非常に表現力が豊かになります。

歌のうまい人と音痴な人の違いにはさまざまな要因がありますが、まずは音程がどの程度取れるのか、音域やリズム感などはどうか、などが主な違いと言えます。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の基礎知識」に関する記事一覧

このページの先頭へ