音痴はいつから音痴になるの?

音痴の多くは、生まれつきのものではありません。育った環境や家庭状況に大きく影響を受けるものです。

つまり、いつから音痴になるといった基準はないのです。

ただ、小さな頃から音楽を聴いたり、お母さんと一緒に楽しく歌を歌ったり、音楽に触れる経験が多い環境で育った子どもの方が、歌は楽しく上手に歌えるようです。

最近では、絶対音感を身につけさせるために、胎教の一環として、まだ生まれる前から正しい音を聞かせているご家庭もあります。

赤ちゃんは、お腹にいる時は響きや声質として音を聞いているので、音階を理解したり記憶したりすることはできません。しかし、それがそのまま生後の子育てに繋がっていった場合、音楽に触れる経験が多い環境で育つため、歌が上手に歌えるようになるのかもしれませんね。

さまざまな環境で育った子どもが、初めて自分が音痴かどうかを認識するのは、だいたい小学校に入ってからです。

クラスの友達と比較するようになったり、音楽の成績がつくようになったりすると、「歌の上手さ」というものに目が向くようになってきます。そうすると、そこで初めて「自分は音痴である」ことを意識するようになるわけです。

つまり、音痴はいつから始まるというものではなく、それまでの環境の中でどれくらい、どんな音楽に触れていたかということが大きな影響力を持つと言えるのではないでしょうか。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の基礎知識」に関する記事一覧

このページの先頭へ