音痴の種類

音痴には、大きく分けて2種類の音痴があります。

1つ目は、正しい音程を理解し、記憶もしているけれど、それを再現することがうまく出来ないために、音程が取れないというタイプ

歌っている時、頭の中でイメージされている音程と、実際に声を出した時の音程が合っていない、という状態です。この場合は、音痴であることを自覚している人が多いのが特徴です。

このように、音の理解と記憶はできるのに再現ができない音痴を「運動性音痴」と言います。

2つ目は、正しい音を聞いてもそれを理解し、記憶することができないために、音程が外れてしまうタイプです。

正しい音の理解と記憶が不得手なために、自分では音が外れていることに気づくことができません。人に言われて「私は音をはずしているの?」と分かる、いわゆるジャイアンのようなタイプです。

このように、音の理解や記憶が苦手なことによる音痴を「感覚性(感受性)音痴」と言います。

一般的にこの2種類の音痴のうちで圧倒的に多いのは、運動性音痴であると言われています。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の基礎知識」に関する記事一覧

このページの先頭へ