音痴矯正・克服ポイント

今日からできる音痴矯正・克服ポイントをご紹介します。

聴くことを習慣づけよう

音痴矯正への第一歩。「聴くこと」を習慣づけて行きましょう。「音痴の原因」で、自分がどちらの音痴なのかを見分ける方法を書きましたが、「これを見ても、自分の音痴の原因がどちらなのかよく分からない。」という人がいます。

続きを読む ⇒

呼吸法を見直そう

歌を上手に歌うには、呼吸が腹式呼吸になっている方がよいです。音程に安定感が出て、声に伸びが出ますから、呼吸法の改善は音痴矯正の一つです。

続きを読む ⇒

録画・録音をしてみよう

頭の中では原曲も理解しているし、しっかりと音程が取れているのに、実際に歌ってみると音痴になってしまう。というように、音痴を自覚している人も多いです。

これは、運動性音痴と言われる音痴の1種ですが、そんな人にまず試してほしいのが、歌っている姿をビデオで撮ったり、歌声を録音をしたりすることです。

続きを読む ⇒

リズム感を高めよう

リズム感の良し悪しというと、つい生まれつきのもののように思いがちですが、リズム感もちょっとしたコツで、随分と良くなるものです。

続きを読む ⇒

リズムを取る方法

音痴を自覚している人に多いのが、リズムが取れないという人です。

最近のポップス曲などは、リズムが複雑で、拍も単純なものは少ないので、どうしてもリズムが取りにくくなってしまいます。

続きを読む ⇒

ビブラートをかけてみよう

ビブラートは、音痴を克服するためと言うよりは、カラオケ上達法とも言える少し上級な歌唱テクニックです。

有効な音痴矯正の方法とは言えませんが、ビブラートをかけられるようになると、多少の音程の狂いを誤魔化せるようになるのは事実です。

続きを読む ⇒

音域を広げる方法

自分の声や音域に合っていない歌を歌えば、どうしても音が不安定になったり声質が悪くなったりして、音痴に聞こえてしまうものです。

続きを読む ⇒

滑舌・発音を整えよう

滑舌が良く発音もはっきり聞こえると、歌の締まりが良くなり安定感が増すので、それだけで音痴は矯正されたように思えることがあるくらい、滑舌や発音は大きく影響します。

続きを読む ⇒

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

このページの先頭へ