呼吸法を見直そう

歌を上手に歌うには、呼吸が腹式呼吸になっている方がよいです。
音程に安定感が出て、声に伸びが出ますから、呼吸法の改善は音痴矯正の一つです。

では、実際にどのようにして腹式呼吸を身につけたらよいのかというと、次のように実践してみましょう。

まず、肩の力は抜き、お腹に手を当てます。
お腹に当てた手の位置に空気を入れていくようなイメージを持って行います。

立ったまま行う場合は、両足は肩幅程度に開き、背筋を伸ばします。


  1. 鼻からゆっくり息を吸い込む(約5秒間はかけましょう)。
  2. 3~5秒間、息を止めてみる。
  3. ゆっくり息を吐く(これも5秒間はかけましょう)。
  4. 繰り返す。

少し慣れてきたら、5秒間かけて行っていたものを、徐々に長くしていきましょう。

そして、10秒くらいかけて腹式呼吸ができるようになってきたら、息を吐く速さを調節してみます。

最初は弱く吐きながら次第に強くしてみたり、最初は強く吐きながら次第にん弱くしてみたり、最初から最後まで一定の強さで吐いてみたりします。

これが自由自在にコントロールできるようになれば、胸式呼吸で歌っていた時に比べ、はるかに歌いやすく安定した歌い方ができるようになります。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴矯正・克服ポイント」に関する記事一覧

このページの先頭へ