聴くことを習慣づけよう

音痴矯正への第一歩。「聴くこと」を習慣づけて行きましょう。

音痴には、「運動性音痴」と「感覚性(感受性)音痴」の2種類があります。

音痴の原因で、自分がどちらの音痴なのかを見分ける方法を書きましたが、「これを見ても、自分の音痴の原因がどちらなのかよく分からない。」という人がいます。

こんな人に比較的多いのが、「そもそも曲をよく知らない」ということです。

何となく感覚的に知っているけれど、曲全体の記憶があいまいだったり、よくわからないまま歌っている人はいませんか?

もともと幼いころから育ってきた環境の中で、音楽をたくさん聴いてこなかった場合は特に、音楽を聴くことに慣れていない耳になっていることが多いです。

そういう耳の人ですと、「運動性音痴」とか「感覚性音痴」とかいう前に、数回聴いただけでは曲を覚えられなかったり、音程感が身につかなかったりする場合があります。

よく覚えていない、よくわかっていない状態で歌っても、当然、音を外してしまうでしょう。

まずは、何度も何度も原曲を聴いて、頭の中でその曲を再現できるようになりましょう。その曲に耳が慣れること、きちんと覚えて歌うことが音痴矯正への第一歩になります。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴矯正・克服ポイント」に関する記事一覧

このページの先頭へ