音域を広げる方法

自分の声や音域に合っていない歌を歌えば、どうしても音が不安定になったり声質が悪くなったりして、音痴に聞こえてしまうものです。

自分に合った音域とは、自分が一番良い声を出せる音域のこと。特別なトレーニングをしていない人の場合は、たいてい1オクターブくらいだといわれています。

では、どうしたら音域を広げられるのでしょうか。

むやみやたらに高い音や低い音を出そうとするわけではありません。音痴の人は、無理に出そうとすれば更に音痴にきこてしまいますから、少しずつ広げていく練習をします。

練習方法としては、

  1. まずは自分の今出せる一番高い音を「ほー」または「ふー」で出してみます。
  2. その音を一音ずつ順に下げていきます。
  3. できたら、今度は一番低い音を発声し、一音ずつ順にあげていきます。

これを繰り返し行ってみてください。

ただし、アカペラで行わず、必ずピアノなどの正しい音程が出せる楽器を用いながら、それに合わせて行ってくださいね。

カラオケでは、自分の音域に合わない曲は選ばない、または選んだとしてもキー設定を変更するなどの工夫をしましょう。

どんな歌も、オペラやミュージカルの曲でない限り、1オクターブと4~5音がせいぜいです。

あまり肩に力を入れすぎず、自分が自然に出せる範囲の音域の曲から練習すると良いでしょう。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴矯正・克服ポイント」に関する記事一覧

このページの先頭へ