リズムを取る方法

音痴を自覚している人に多いのが、リズムが取れないという人です。

最近のポップス曲などは、リズムが複雑で、拍も単純なものは少ないので、どうしてもリズムが取りにくくなってしまいます。

そんなリズムの取れない音痴の人に多いパターンは、裏拍を意識していないということです。

普通4分の4拍子の場合、「1.2.3.4.」とリズムをとりますよ。

裏拍を意識すると、「1と2と3と4と」というように、間に「と」が入ります。

この「と」にあたる部分が裏拍です。

ポップスの曲では、裏拍にあたる部分から歌詞が始まることも多くあります。リズムのとれない音痴の人は、こういった裏拍から始まる曲に対応できず、混乱してしまう人が多いのです。

何気なく音楽を聴いているときにも、裏拍を気にしながら聞くだけで、音痴矯正へと繋がっていきます。リズム感を高めようで述べたメトロノームの活用も有効です。

裏打ちが打てるようになってきたら、体全体でリズムをとってみてください。

裏打ちを意識すると、リズムが自然に取れるようになってきて、「ノリ」を体で表現しやすくなってきます。

体全体でのリズム取りは、リズムが取りやすくなるだけでなく、リズムを一定に保ちやすくなります。音痴の人にありがちな、リズムの狂いを矯正しやすいのです。

足で床を叩いたり、体をゆすってみたり、首を振ってみたり、少しオーバーにやるくらいが丁度良いです。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴矯正・克服ポイント」に関する記事一覧

このページの先頭へ