ビブラートをかけてみよう

ビブラートは、音痴を克服するためと言うよりは、カラオケ上達法とも言える少し上級な歌唱テクニックです。

有効な音痴矯正の方法とは言えませんが、ビブラートをかけられるようになると、多少の音程の狂いを誤魔化せるようになるのは事実です。

特に気持ちよく音を伸ばして歌いたい時、音程がずれたまま伸ばしていると、どうしても音痴に聞こえてしまいます。しかし、ビブラートをかけることで「上手」に聞こえるようになるのです。

ビブラートをかけるにはいくつかの条件を満たすことが必要ですが、実際には人によってビブラートの定義は異なります。

とはいえ一言で言うならば、ビブラートとは音程の上下や音量の変化によって、声を揺らす歌い方のことです。

ビブラートをうまくかけられるようになるには、まず声を全く揺らさないで歌えるようにならなければなりません。

まっすぐに声を伸ばせるようになった後、声帯を揺らすような感じで、一音上の音と元の音を素早く行ったり来たりさせます。

不安定な声の揺れとビブラートは全く違います。声を安定させて歌える上で、揺れもコントロールできなければならないからです。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴矯正・克服ポイント」に関する記事一覧

このページの先頭へ