音痴の要素

音痴になる(音痴に聴こえる)9つの要素をご紹介します。

呼吸法

音痴の要素の一つに、呼吸法があります。ご存知の方も多いかと思いますが、呼吸法には「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2種類があります。

歌を歌うことに適しているのは「腹式呼吸」です。

続きを読む ⇒

リズム感

音痴矯正において、リズム感は非常に大切な要素です。

曲の楽しさや雰囲気までも作り出す拍子・リズム。これを上手く取ることができない音痴は、「リズム音痴」とも言われています。

続きを読む ⇒

音程

音痴に聞こえる最大の要因は音程であると考えられます。

音程が原曲とずれていれば、もちろん音痴に聞こえますし、カラオケに行った時などに演奏と歌う音程とがずれていれば、やはり音痴です。

続きを読む ⇒

声量

音痴は、音程のずれが要因となる部分が大きいですから、音程が合っていれば声の大きさはさほど関係ないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は音痴かどうかということに、声量は大きく影響しています。

続きを読む ⇒

音域

女性ボーカリストが高音で歌うことが流行った時期がありました。マライア・キャリーが7オクターブも出すということが、非常に話題になった時期です。

その頃に流行った高音の曲を、一般の人がカラオケで歌おうとすると、どうしても音痴になります。

続きを読む ⇒

滑舌・発音

音痴は、音程だけに限らず、滑舌や発音も影響しています。

カラオケに行った時でもかまいませんし、ご自宅でアカペラで歌ってみてもかまいませんので、1語1語をはっきり発音しながら歌ってみてください。

続きを読む ⇒

声色

声色とは、声を出す調子のことを言います。

また、カラオケなどで歌を歌う時に、オリジナルの歌手が歌っている声の出し方や調子を真似ねることでもあります。

続きを読む ⇒

安定感

音痴の人にとって、安定感を持って歌うということは非常に難しい問題で、漠然としていると感じるかもしれません。

音痴に聞こえる要因は複数ありますが、それらはすべてこの安定感に通じているといってもいいくらいのものです。

続きを読む ⇒

感性

「感性が悪いから音痴なんだね」と、もし人に言われたら、自分の音痴は治す方法がないのだと落ち込んでしまいそうです。

その印象からもわかるように、感性の音痴というと、生まれついた音楽へのセンスのように感じられます。

続きを読む ⇒

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

このページの先頭へ