音痴の要素~安定感~

音痴の人にとって、安定感を持って歌うということは非常に難しい問題で、漠然としていると感じるかもしれません。

音痴に聞こえる要因は複数ありますが、それらはすべてこの安定感に通じているといってもいいくらいのものです。

曲のリズム感がなくて単調に聞こえたり、声量が曲に合っていなくて強弱のバランスが悪かったり、声色が曲に合っていなかったりなど、それらは全て聴いている人に、聞き取り難さだけでなく不安を与える要素へと結びついていきます。

つまり、聴いている人にとってみれば、何となく落ち着いて聴いていられないという印象を持つわけです。この不安定感が、音痴の印象を大きくしてしまいます。

安定感を持って歌うということは、聞く側が安心して聴き入ることができるということであり、音痴を矯正するにあたっては、安定した歌い方を身につけることが重要であると言えるのです。

安定感は、歌い方や声色、リズム感などさまざまな具体的要因がありますが、最も影響する要因は、何といっても「自信」です。自信の無さは非常に不安定な感じを与え、音痴がますます音痴に聴こえてしまうものです。

この悪循環から脱して少しでも音痴を克服したい時には、よく落ち着いて、安定した歌い方を心がけてみましょう。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の要素」に関する記事一覧

このページの先頭へ