音痴の要素~呼吸法~

音痴の要素の一つに、呼吸法があります。ご存知の方も多いかと思いますが、呼吸法には「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2種類があります。

胸式呼吸は、肋骨を広げたり閉じたりすることで呼吸を行うものです。息を吸う時には肩が上がり、お腹に手を当てて息を吸い込んでみるとその手が動かないか、お腹が凹みそれを押すような状態になります。

一方、腹式呼吸は、お腹の筋肉を使って、横隔膜を上下に動かすことで呼吸を行うものです。お腹に手を当てて息を吸い込んでみると、その手が空気で膨らんだお腹に押されるような状態になります。

歌を歌うことに適しているのは「腹式呼吸」です。

胸式呼吸で歌を歌うと、どうしても息が続かなくなったり、高音が上がりきらなくなったりしてしまいます。それでも無理に高音を出そうとすれば、歌い方が不安定になり、音程を外しやすくなるでしょう。

それが結果的には、音痴になるという悪循環を生み出すのです。

一般的に、胸式呼吸は女性に多く、腹式呼吸は男性に多いと言われています。
しかし、腹式呼吸は音痴矯正だけでなく、健康面や精神面に対しても良い影響を与えてくれる呼吸法です。男性の方も女性の方も、是非、意識して腹式呼吸をしっかりとマスターしましょう。

胸式呼吸は緊張することでもなりやすい呼吸法ですが、「歌うことに自信がない」という気持ちが緊張に繋がり、上手く呼吸ができないことでますます音を外しやすくなり、「やはりうまく歌えなかった・・」という悪循環に陥らないよう、自信を持つことも大切です。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の要素」に関する記事一覧

このページの先頭へ