音痴の要素~滑舌・発音~

音痴は、音程だけに限らず、滑舌や発音も影響しています。

カラオケに行った時でもかまいませんし、ご自宅でアカペラで歌ってみてもかまいませんので、1語1語をはっきり発音しながら歌ってみてください。

それだけで、音痴は改善されたように聴こえるくらい、滑舌や発音が悪いことが音痴に影響を与えている場合があるのです。

滑舌や発音が悪いと、聞いている側は歌詞をよく聞き取ることができません。歌詞をはっきりと発音できていないことが原因で、聞き手の耳にスムーズに曲が送られないことから不快感を覚えさせ、音痴の印象を強くさせます。

また、リズム感は合っているのに一音一音がはっきりしないため、メロディとずれているように聴こえてしまうこともあります。

もともと、日本語は単調な発音で、英語に比べて抑揚が少ない言語です。その性質から、滑舌が悪いと歌の抑揚も表現できません。単調で盛り上がりに欠けると、どうしても音痴に聞こえます。

音痴を矯正する方法として、音程を正しく取る練習をすることに比べ、滑舌や発音は比較的治しやすいものの一つで、短期間での矯正が望めます。

まずは気軽に、滑舌や発音の音痴を克服することから挑戦してみてもよいでしょう。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の要素」に関する記事一覧

このページの先頭へ