音痴の要素~感性~

「感性が悪いから音痴なんだね」と、もし人に言われたら、自分の音痴は治す方法がないのだと落ち込んでしまいそうです。

その印象からもわかるように、感性の音痴というと、生まれついた音楽へのセンスのように感じられます。

「感性」を辞書的な意味で言うと、

  1. 物事を心に深く感じ取る働き
  2. 外界からの刺激を受けとめる感覚的能力(大辞泉より)

とあります。直感的、非言語的なものですね。

ただ、感性が要因となるような音痴は、というと、音に対して感じる力が弱いということになります。

音の上がり下がりの微妙な動きや、音程が半音の半音分くらいずれてしまうことなどは、音に対しての感性が鈍っているから生じてくることです。つまり、音の微妙な動きや音程のズレに「気付かずに過ぎてしまう」ということです。

また、歌詞の世界をどう自分なりに表現するかという点も含めると、言葉や感情、歌詞の世界観に対する感性ということにもなります。

これらは、耳を鍛えたり、気持ちを膨らませたりするコントロールの方法を学んでいくことで、矯正できるものです。決して生まれついたものではありません。

世界の偉大な作曲家や音楽家になれば、かなり大きな影響を与えるものになってくるのでしょうが、生活の中でカラオケを楽しんだり歌が好きでいる範囲では、大きな問題にはならないものです。

自分の今までの生まれ育った環境や音楽、言葉への関心の程度などの差から来ているものですから、そんなに悲観的にならなくても大丈夫でしょうし、これから十分磨くこともできるのです。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の要素」に関する記事一覧

このページの先頭へ