音痴の要素~リズム感~

音痴矯正において、リズム感は非常に大切な要素です。

曲の楽しさや雰囲気までも作り出す拍子・リズム。これを上手く取ることができない音痴は、「リズム音痴」とも言われています。

例えば、鼻歌やアカペラ等で歌ってみると上手に音程を合わせて歌うことができているように聞こえるのに、カラオケに行くとなぜか音痴になる人がいます。

せっかく音程は取れていても、カラオケに行った時、バックで流れるメロディラインや演奏とずれていれば、音程までもが外れているように聞こえ、音痴になってしまうのです。つまり、曲のスピードについて行くことができない、もしくは進みすぎているということです。

このようなところから、リズム音痴であるかどうかを確認することもできます。

また、リズムが合っていると、メロディラインに歌詞が上手に当てはまっているように歌うことができます。すると、多少の音程のずれがあったとしても、テンポ良く進んでいくので音痴のイメージが強くなりません。

さらに、リズム感はその曲にノッている感じを作り出すので、テンポにあわせて歌えることによって、他の音痴の要素を気にさせなくする場合もあるのです。

音を伸ばしている箇所でさえ、リズム感がある場合とない場合では与える印象が変わり、音痴に聞こえたり聞こえなかったりするくらいです。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の要素」に関する記事一覧

このページの先頭へ