音痴の要素~声量~

音痴は、音程のずれが要因となる部分が大きいですから、音程が合っていれば声の大きさはさほど関係ないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は音痴かどうかということに、声量は大きく影響しています。

例えば、音程はしっかりとれていたとしても、小さな声でボソボソと一本調子で歌われたら、その人の歌を上手だとは思えないでしょう。

上手と思えないだけでなく、声量は音程まで外れている印象を与えてしまうものなのです。

もちろん、声量が小さいことばかりが音痴に影響するわけではありません。大きな声で歌われ続けても、音程の高低の区別がつきにくく、音痴な印象を作ります。

ということは、音痴と声量が影響しあう一番大きな点は、発する音の大きさを調整することができないということです。

歌のメロディを考えてみると、必ず盛り上がるところと、少しセーブするところがあります。つまり、声の大きさで強弱をつけるところです。

声量の調整ができない場合、強弱そのものが無いように聞こえたり、アクセントもない歌に聞こえたりします。

こうなると、たとえ音程が合っていたとしても、音痴に聞こえてしまうのです。

14日で音痴を直し、カラオケを上達させるレッスン

TVで実証済み!

自宅にいながらたった2週間
1日10分程度の練習で音痴が治る
カリスマトレーナーが教える
音痴克服DVD。
歌いやすい曲リスト50 付き!

⇒ 公式サイトはこちら

「音痴の要素」に関する記事一覧

このページの先頭へ