割り箸の活用法

音痴矯正法のひとつに、割り箸を使った方法があります。

これは、上野直樹ヴォーカルスクールの校長である上野先生が考案したもので、音痴を直す方法として、国内外でも有名です。

身近にある割り箸を使って行う克服法は、お金もかけず、特別なレッスンを積まなくてもよい上に、音痴の矯正に即効性があるということで、一時期大評判になりました。

具体的な方法としては、

  1. 普通に「あー」と声を出す。
  2. 2セットの割り箸を割らずに縦にし、上下の奥歯で軽く噛み、「あー」と声を出す。
  3. 割り箸をはずして、「あー」と声を出す。
  4. また割り箸を噛んで「あー」と声を出す。

割り箸を噛んだ時と噛んでいない時で、自分の声が変わるのが分かりましたか?

割り箸を噛み、喉を開くことで、本当の自分の声(地声)を出すレッスンをするという方法です。

上野先生は、音痴の矯正方法として7つ道具を用いていますが、どれもティッシュやストロー、ペットボトルなどを使った、非常に身近なものに注目しています。

▼ページの下の方に上野先生の7つ道具が紹介されています。
https://www.e-koe.com/uenoshiki.php

短期間で音痴を治す!音痴解消プログラム(安心の返金保証付き)

自宅にいながら誰にも知られず短期間で音痴を解消したくありませんか?
音痴を解消する過程の悩み・解消後の悩みにも対応した、ボイストレーナーが本気で作った音痴解消プログラムです。(安心の返金保証&特典付き!

⇒ 公式サイトで詳細を見る

「音痴矯正法のいろいろ」に関する記事一覧

このページの先頭へ